スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

過去生

 週末。インストラクターの友人が、過去生へのメディテーションをするので、興味がある人が集まったらするということだったので、クラスメート達7人、インストラクターのペドロ、パウロ、それとその人と奥さんが集まった。部屋で横になってガイダンスを聞いていくと、だんだん無意識の世界へと近づいていく。

 

More ...

スポンサーサイト

2007.11.05 19:46 | 生と死 | トラックバック(0) | コメント(0) |

Being Present ~今という瞬間にいること~

Integtative Bodywork で「ただそこでクライアントと共にいる状態になること」について少し触れました。この「Being Present=今という瞬間にいること」について学んだことがあります。

 セラピストなら誰しも思うでしょう。「このクライアントによくなってほしい。」「症状に改善が見られるといいなあ。」この反応は人として正常ですよね。しかしながら、一般に人々が使う「よくなる」、「改善される」という概念を、異なった視点から見てみるのも一つの良い機会だと思います。

More ...

2005.12.14 16:41 | 生と死 | トラックバック(0) | コメント(1) |

Hospice ~死を迎える方のための施設~

「僕はなぜか新しい命に惹かれます。同じようにその反対局面の死にも惹かれます。命の始まりと終わり。今から人生を歩む命と、これから一つの人生の幕を閉じようとする命。新しい命にはよく生まれてきたねえ、と暖かい歓迎の気持ちを込めて。終わりを迎える命に対しては、今までお疲れ様でした、と畏敬の気持ちを込めて。特にその人の人生の最初と最後には、暖かい愛情に囲まれていてほしい、という気持ちが僕の中にはあります。」

 過去の記事からの台詞の引用ですが、その中の「死」と向き合う機会がやってきました。今日からホスピス(Hospice)でのインターンシップが始まったのです。ホスピスとは、末期患者のケアシステムが整った施設のことです。老人の末期患者のみがやってきます。ドクターやナースが待機しています。90パーセントの患者さんは2ヶ月後くらいまでにお亡くなりになるそうです。そんなホスピスでのインターンシップです。

More ...

2005.11.10 15:16 | 生と死 | トラックバック(0) | コメント(3) |

赤ちゃんへのボディーワーク 

 「僕はなぜか新しい命に惹かれます。同じようにその反対局面の死にも惹かれます。命の始まりと終わり。今から人生を歩む命と、これから一つの人生の幕を閉じようとする命。新しい命にはよく生まれてきたねえ、と暖かい歓迎の気持ちを込めて。終わりを迎える命に対しては、今までお疲れ様でした、と畏敬の気持ちを込めて。特にその人の人生の最初と最後には、暖かい愛情に囲まれていてほしい、という気持ちが僕の中にはあります。」

  2つ前の学期では、妊娠中、そして分娩後の女性のためのトリートメントを学びました。過去ログ「命に惹かれて」参照。

  そして先学期は、赤ちゃんへのボディーワークを学びました。

More ...

2005.10.14 16:17 | 生と死 | トラックバック(0) | コメント(3) |

命に惹かれて

僕はなぜか新しい命に惹かれます。同じようにその反対局面の死にも惹かれます。命の始まりと終わり。今から人生を歩む命と、これから一つの人生の幕を閉じようとする命。新しい命には、よく生まれてきたねえっ!と暖かい歓迎の気持ちを込めて。終わりを迎える命に対しては今までお疲れ様でした、と畏敬の気持ちを込めて。特にその人の人生の最初と最後には、暖かい愛情に囲まれていてほしい、という気持ちが僕の中にはあります。

 

More ...

2005.04.25 02:48 | 生と死 | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。