スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

日本のハードワーカーの皆さんへ

>一日14時間PCに向かっているような人はやっ
>ぱ首の骨がおかしくなるんですかね? しかも角度が少しずれてたりして・・・ 

お仕事お疲れ様。そして書き込みどうもありがとう。質問にお答えします。

 

More ...

スポンサーサイト

2005.08.03 04:43 | カラダ | トラックバック(0) | コメント(2) |

Seated Bodywork~座って受けるボディーワーク~

 今週末は、座って受けるボディーワークを選択のクラスで学びました。アメリカでは一般的に知られています。モールなどにいくと、だいたい1分1ドルでやってます。また、会社と契約して、会社などに出向いて会社員にするときにもこの形態が多いです。時間は一人15分~20分ほど。日本でもそうやってしてるプラクティショナーっているのかな?  

 これは特殊な椅子に前にもたれるように座って受けるボディーワークです。変な格好してマッサージを受けるので、一見とっつきにくかったのですが、いざ学ぶとこれがとってもいいんですよ。  

 クライアントは、効果がすぐに実感できます。短時間に背中、肩回り、首、腕、手をほぐすことができ、とてもリラックスできます。  プラクティショナー側からは、手軽にチェアーを持ち運びでき、どこでも場所を選ばずに受けられるので、とても便利。クライアントには、服を脱いでもらう必要もないし、シーツも顔の使い捨てのを使うだけなので、時間も短縮できます。

 ボランティアや、トレード(セッションと他のサービスを交換すること)も気軽にできそうです。また、会社、空港、学校、などなど、公の場所に行って、契約を結ぶことができれば、そこからビジネスが広がります。  この特殊なチェアーはその格好から、なんか安っぽく見えがちですが、これがとんでもない。プラクティショナーの腕次第で、本格的なボディーワークになります。といっても、心理面や精神面に焦点を当てることはないですけどね。

 このコースを受ける前は大したことはできないのではないのか、と疑問に感じていましたが、テクニックは様々。その多様さにビックリしました。前は、椅子を座っている人には、揉みほぐしたり、指圧を使って、指で圧すことが中心でしたが、これからは筋肉や筋膜のストレッチもできてしまいます。

 アクセスできる体の箇所が格段に増えました。アイデアをたくさんもらいました。  僕は今、4クォーター目。これまでにいろいろなボディーワークやテクニックを学んでいますが、学んだテクニックが少しずつ総合的に使えるようになってきました。「ああ、こうしてこんなふうにこのテクニックを使えるのか。」「ここでこう応用できるのか」とクラス中にたくさん発見があって、おもしろかったです。学んだテクニックを使い慣れるのもだんだん早くなってきました。

   学校で椅子は借りれます。これで、インターンシップ先や、コミュニティーサービス先が広がりました。これからは、どんどん使っていきたいと思います。それにしてもあの椅子、いいなあ。自分のが欲しくなってきた。。

 massage chair

2005.08.03 03:34 | カラダ | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。