スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ロルフィングセッション◆10series⑤◆9/14/05

「ほんまに!?」これを書いている今はセッションが終わった後なのですが、僕にとって大きなシフトを経験している最中です。ロルフィングがパワフルなワークで驚くとともに、その効果を多少の痛みを伴いながら実感しています。

右半身、肩胛骨から腰にかけて、直線的に電流が駆け下るような痛みが何度かありました。それと同時に、これが9年前に僕が右背中から落下して怪我して以来、体がとてもなが~い間待っていた変化であることも実感しています。閉ざされていた神経回路が開かれていく瞬間だと思います。そんな瞬間を感じられるとは。これは体がバランスをとりもどしていく過程だと実感しています。

More ...

スポンサーサイト

2005.09.29 15:32 | ロルフィング | トラックバック(0) | コメント(3) |

ロルフィングセッション◆10series④◆9/12/05

今日は、足の内側のラインに焦点を当てたワークでした。立った状態で、片方の足を外に開いて、その足をもとに戻すときに使うのが足の内側にある筋肉です。この動作をAdductionといいますが、足の股関節の付け根には、この動作をする筋肉(Adductor)がたくさん付いています。

 この筋肉や筋膜が固く短くなっていると、お尻の筋肉も引っ張ると言っていました。骨盤が片方に傾きがちな人は、左右どちらかのAdductor が固くなっていることが多いとのこと。個人によって違うので、一概にこれがこうと言えるわけではないのですが、要はバランスを欠く一因になりえるわけです。

 

More ...

2005.09.28 15:20 | ロルフィング | トラックバック(0) | コメント(2) |

ロルフィングセッション◆10series③◆9/7/05

 今日は10シリーズ第三回目のセッション。前回は足の正面側についてでしたが、今回は主に、足の両側、サイドラインについてワークを受けました。

 足のつけ根から、太もも、そして膝にかけてある、一本のでかい長い骨(Femor)には、Greater Trochanterと呼ばれる、でかい出っ張りがあります。腰の外側を下にたどって、太もも上部、少し後ろ側のを手でさすってみるとその骨を感じられます。その骨の前から後ろにかけて、おしりの筋肉をはじめとする、たくさんの筋肉の先端が着いています。

More ...

2005.09.22 14:25 | ロルフィング | トラックバック(0) | コメント(2) |

ロルフィングセッション ★Movement ②★9/9/05

前回のセッションの終わりに、インストラクターに「何でもいいから、もっと理解を深めていきたいことを考えてきてね。」と言われました。

 そういわれてもねえ、どうしよう。何でもいいって言われたって、範囲が広すぎる。。。考えた末、でも結局考えのまとまらないまま、Movement 第二回目のセッションに出向いたのでした。こんなところは優柔不断なんです。

More ...

2005.09.21 14:49 | ロルフィング | トラックバック(0) | コメント(0) |

ロルフィングセッション◆10series②◆8/31/05

 第二回目のセッションは足について。前回と同じように、みんなの前でぐるぐる歩きました。そして自分の歩きをただ感じてみます。前回となにが違うかなど、問答しながら歩きました。体全体の力が抜けて、歩きやすくなったことを伝えます。特にお腹の辺り、肩の当たりがよりリラックスしていました。クラスに慣れてきて、緊張感が薄れてきたこともありました。目線を変えてみたり、辺りを見渡したりしながら歩きました。この反復作業がいいんですよね。毎回少しずつ違いが実感できますから。

More ...

2005.09.15 14:17 | ロルフィング | トラックバック(0) | コメント(2) |

ロルフィングセッション◆10series①◆~8/29/05

この第一回目のセッションのキーワードは呼吸。今日からは下着姿で生徒達の前で歩いたりしなければならなかったので、初めはかなり緊張しました。僕の学校でも下着になること、下着もつけないで裸になることもありますが、それはシーツの下での話。いつもちゃんとシーツとブランケットでカバーされています。それに対して、今日からはパンツ一枚でみんなの前でクライアント役です。クラスの生徒達、約15~20の視線も集まるし、そりゃ緊張するわ。

 パンツ一枚で今日もぐるぐるぐるぐる、教室内をかなりの時間歩き回るようにいわれました。うーん、やっぱ緊張したなあ。でも個人的にセラピストとしては良い経験でした。快適ではありませんが、クライアントとしての恥ずかしさも十分に分かりますから。セッションの始めは緊張していたことと、忙しさからくるストレスから、かなり体に緊張感を保ったまま歩いていました。とくにお腹のあたりに張りを感じていたのを覚えています。こうした体の緊張を、自分がどう感じているのかをインストラクターと問答しながら歩きます。

More ...

2005.09.13 14:10 | ロルフィング | トラックバック(0) | コメント(5) |

ロルフィングセッション ★Movement ①★8/24/05

アメリカコロラド州、ボルダーからのロルフィングレポートです。今日からロルフィングのセッションが始まりました。ロルフィングについての簡単な説明は、過去ログ「Myofascia Release ~筋膜を伸ばす~」 をみてみてください。

 これから10シリーズと、3ムーヴメントのセッションを受けることになります。僕はアシスタントインストラクターから受けます。授業の中でインストラクターが、生徒達に実際セッションをやってみせるのですが、そのクラスの中で受け手になるわけです。大勢の前でセッションを受けるというのはどんな感じなんだろう。。とちょっぴり不安。

More ...

2005.09.13 13:50 | ロルフィング | トラックバック(0) | コメント(4) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。