スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ロルフムーブメント in Unit 2

 今週一週間は、ロルフムーヴメントのクラスでした。朝は8時45分から、夕方5時半まで。今日、そのムーブメントの最終日が終わりました。次の週には、ちがうインストラクター達を迎えます。

 この学びの時期は、自分に適した時期だった。ものすごい量の学びが、流れ込んできたのだけれど、それを受け止める準備ができていたから。たくさんの学びがつながる瞬間がある。それをこの一週間で体験した。今回のはとびきりでかくて、自分でもびっくりした。僕はこれを説明する言葉を、今はまだ持たないなあと思う。それに、場の雰囲気があって、自分でもびっくりするような理解をもたらせてくれたのだけれど、その場のエネルギーは言葉での説明がつかない。

 先生方、生徒達みんなが作り出す場のエネルギーが、とびきりクリエイティブで、時間が続く限りどこまでも学んでいける雰囲気を作っていた。先生達もそれを感じていて、この雰囲気の持つ独特さに、とても興奮していた。こういうことは滅多に起こらないと、デイビッドは興奮して言ってた。メアリーも、ある日の授業の終わりに、ここにこうして関わることができてとても感謝してる、と少しうるうるしてた。僕はそこに、スピリット、魂の歓喜を見た。

More ...

スポンサーサイト

2006.10.22 03:14 | ロルフィング | トラックバック(1) | コメント(2) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。