スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

セッション後の夜~メディテーション~

 セッションを受けた後は、体にどんなインフォメーションも入れたくありませんでした。

 自分の考えや、自分の体を見たときに感じるインプット、歩くことからくるフィーリングなど、すべてです。静かに横になり体の直感のままに変化させることが最優先でした。

 家に帰った後は、ご飯も食べずそのままベットに横になりました。その夜から朝まで12時間横になっていました。

 その夜は、右側の首、背中、腰、そして右側のお腹あたりに痛みがありました。何かの変化に気づきながらも、体勢に気をつけながら、ただそのままにしていました。

 深夜目が覚めたときには、メディテーションをしながら、体を聞きながら、体にエネルギーを自分で送っていました。2時間くらいそんな時間がありました。

 朝目が覚めても、とてもゆっくり歩き、ゆっくり呼吸しました。10セッション目が終わるまでは、余分なことを考えることを避けました。昨夜のセッションのことも考えませんでした。

 そうしてその日の10セッションへと備えました。
スポンサーサイト

2006.12.19 03:29 | ロルフィング | トラックバック(0) | コメント(0) |

静かなセッション

 クラス後にセッションの準備が整いました。これが失敗したらどうなるんだろう、という気持ちを振り払い集中しました。

 エネルギー体に働きかけて、実際に劇的な体の変化を出さなくてはいけない。これを自分の体を使ってやる。初めての試みでした。

 僕はインストラクター達と、パートナーにイラストと順序を見せながら、セッションで何をやってもらいたいかを説明していきました。僕のパートナーには、その場にいてサポートしてくれるようにお願いしました。

 Lisaには、「これは私にとって初めての試みになるから、どうなるか保証はないわよ?いいの?」と聞かれました。

 「これより悪くなることは考えられないから。」と僕は答えました。

 そして、場が張りつめるような雰囲気の下で、セッションが始まりました。インストラクター達も、いつもと違う緊張感を持ってセッション前に集中力を高めていたようでした。 

More ...

2006.12.19 01:03 | エナジー フィールド | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。