スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ノンストップ一週間

 朝、6時頃起床。朝ご飯と学校の準備。

 学校一時間目8時~9時45分授業。

 二時間目10時45分から2時45分まで授業。

 2時45分から3時半。ボディーワークの復習。

 3時45分から夜8時までクリニックでの課題。ボディーワークセッション。

 その後、すぐに友人(クライアント)宅に行き、セッション。23時25分終了。

 23時40分に帰宅。明日、プレゼンテーションの為、準備と勉強。多分、深夜2~3時くらいまでかかる予定。疲れ切って帰ってきたのに寝れませぬ。明日は朝、8時からまた授業。
今学期はラスト一週間となりました。来週に、月、火、水、木と、立て続けに大きなテストが毎日やってきて、木曜日に終了となります。おかしいやろ、これはっ!て思い切りいいたくなります。。

 あるクラスメートはいいます。語学でとってもハンディのある僕がどうやってこれらを(とってもたくさんの課題やテスト達)乗り切ってるのか想像できないって言ってました。自分の時間を削って課題を一日一日やっているだけなんです。精神的にも精一杯に集中して。

 ご飯も食べたくならないくらい、日中はピーンと緊張の糸が張っています。いくら忙しくても日本ではここまで緊張しっぱなしでなくてもよかったんだけどなあ。日本でも食べる時間もないくらい忙しい日々はやったことはあるのです。でもそれを言葉や文化の違いから来る緊張感の違うアメリカでも同じことをやらなくてはならないとは思っていませんでした。かなりハードで頬がやせていきました。最後までこんな感じのハードな日々が続きそうです。もう少しなのに、かなりバテています。一日を全力でやっとのことでのりきっている今日この頃。休める日を夢見てっ。そうしたらいろいろ自分の思ったこともここに書いていく余裕も持てるんだけどね。もうちょっと、もうちょっとだっ!
スポンサーサイト

2004.09.16 04:58 | 経験からのお話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://bodymindspirit.blog55.fc2.com/tb.php/12-6f92c6cb

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。