スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ロルフィング Unit 2 開始!

 ここ、コロラド州ボルダーでロルフィングのユニット2が始まりました。ロルフインスティテュートでは、相変わらず先生がとても愛情深く、やさしい。そしてクラスメート達もとてもフレンドリー。いつもながらとっても暖かい雰囲気です。日本人のwinniepoohさんも同じクラスで、お互いにがんばってますよ☆ ここでは、前の学校で感じていたような、居心地の悪くなるような緊張感は全く感じません。暖かい衣で覆われているような感じがあります。
 昨日の初日は、かなり長く感じました。クレニオセイクラルの週末ワークショップから帰ってきた次の日で、体に相当疲れが溜まっていたのでしょう。そして、初日の授業の後には、ロルフムーヴメントのセッションがありと、帰ったら8時半頃。長い長い一日でした。先週からとれていなかった睡眠をとって、改めて2日目。

 2日目の今日は大丈夫。体の調子もいつも通りにもどってくれてました。

 ここからが楽しみにしていたユニット2です。今週一週間はムーブメントの授業です。

 印象は、とてもためになる学びの連続だと感じます。僕の中で今までに学んだ知識と、先生の口から飛び出してくる知識が結びついて、理解が深くなっていきます。またロルフムーヴメントのアプローチは、とても斬新で、深淵さを感じさせてくれます。新しいコンセプトが出てくるごとに、感心させられます。さらに一年前にインストラクターから受けたムーブメントのワークが、今心底理解できてとっても感動!したりと。

 すごいぞ、これは。アイダ・ロルフという一人の大きな大きな存在に惹かれ、世界中から集まってやってきた大先生方の知識が結集して、一つの大きな大きな球体を作り上げているようです。アイダ・ロルフ女史が核になっていて、そこに歴代の先生方が周りを取り囲んでいる。その円は、今も大きく成長しています。まだこれからも、生徒の中から逸材が出てきて、これを発展させていく未来が見えます。

 そんな先生達からの言葉を100パーセント理解したい!という思いで授業は受けているものの、まだロルフィング(ムーヴメント)というワークの、具体的な全体像は見えてきません。当たり前か。まだ2日目。今は焦ってはいけないということですね。これ以上詰め込もうとすると、オーバーヒート気味になるかも知れないし。

 ロルフインスティテュートの雰囲気は、発言することを容易にしてくれています。そんなのびのびと学べる有り難い環境の中で、スポンジのごとく(これはいつものことですが)、知識を吸収していきたいと思っています。2ヶ月後が楽しみです。
スポンサーサイト

2006.10.18 11:53 | ロルフィング | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://bodymindspirit.blog55.fc2.com/tb.php/125-0e81e77c

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。