スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

癒しが起こる時

「癒し(ヒーリング)が起こる」という現象がだんだん理解できてきました。

それは、「癒しが起こるかどうかはふたを開けるまでは分からない」ということです。

 今日は僕の視点で、「癒し(ヒーリング)」を見てみることにします。
 癒しは、物理的に~をした。そうしたらこういう結果になる、という関係のものではありません。

 もちろん科学的に、この方法は体のこの部分に、こんな風に働きかけるというように証明もされてはいますが、これはセラピーの最も基本に当ると考えます。

 例えば、カイロプラクティックを例に挙げてみましょう。カイロプラクティックは、歪んでいる骨を手技で矯正します。ゴキッっという音を立てて矯正する場合が多いですよね。背骨、骨盤、そして首の歪みが最大の課題とされます。歪みに対しての矯正方法は何通りもあるものの、基本的には、歪みを手技で元に戻す、というものです。

 この視点で見ると、~した(歪みを矯正した)から、どうなる(体のバランスが整えられる)という原因と結果が明らかに映るかもしれません。しかしこれは、癒しをある一面から見ているにすぎません。

 癒しというのは、その効果がどれくらい起こるか、そしてどれくらいの間続くか、を見てみる必要があります。根本から治るということは、多くの人が思っているよりも奥が深いからです。

 施術後には良くなったものの、1.2週間したら元に戻ってしまう、というようなことを経験している人の話しをよく耳にします。それは、その人の持つ問題が根本的に解決されていないからです。

 人の持つ痛みや不快感には、肉体的な日常生活のパターン、癖が大きく作用します。そして、考え方、心のパターン、癖、そしてその人がもつ信念なども大きく作用してきます。ロルフィングの視点で言うと、それらのパターンが重力という万国共通の鏡で、人の動作や姿勢に映し出されるということになります。

 そのパターンや癖を元から解決しない限り、一時的にセラピーで回復した症状も、後々それは繰り返されることになるでしょう。
 
 ところで、クライアントが持つ問題は、千差万別。では、どうやってその痛みや不快感を根本から癒せるのでしょう?その痛みが、体、心、魂やスピリットの、どのレベルで起きているかを、どうやったら分かるのでしょう?

 答えは、セラピスト側からすると、「やってみないとわからない」です。クライアント側からすると、「受けてみないとわからない」です。

 セラピストがどのレベルで、クライアントが必要としているものを提供しているかで、セラピーの結果は変わるでしょう。セラピストのボディ、マインド、スピリットについての理解力も、結果に左右することでしょう。クライアントにとって、安全と思える場所になれるかも大きな鍵です。

 またクライアントがどれだけ癒しに心がオープンかによって結果は変わるでしょう。あるレベルでは、「まだ治らない」「治るのはまだ早い」なんて思っている方もいるのです。そういう方は、言っていることとと、やっていることの間にギャップがあったりします。この場合は、いくらセラピストが頑張っても根本での癒しは起こりません。

 他には、その人のスピリットが、ある傷害を、生涯、またはある過程に渡って背負うと決めているものもあります。それはその本人にすら分からないかも知れませんし、周りからも一体それが何なのかは、分からないでしょう。こういう場合は、その傷害とうまく付き合っていく方法を見つけることが、癒しの第一歩になると思います。


 癒しは、セラピストと、クライアントの関係の中で起こります。


 二つのエネルギーが交差するときに、両者を取り囲む、大きな第三の場が生まれます。そのエネルギーは、化学反応のようなもので、お互いに影響し合います。

 体には、元々癒しの知性が宿っています。セラピストとクライアントの癒しの知性同士の化学反応が起こるのです。

 純粋な物質同士の化学反応が一番強力なように、セラピストも、クライアントも、エゴや偏見など雑音のない「純粋」な自分であるときに、癒しも強力になることでしょう。

 そして、その化学反応は、ボディ、マインド、スピリットのどのレベルで起こるのかは、「ふたを開けるまでは分からない」のです。

 僕はこのように「癒し」について理解します。そして今の課題は、ボディ、マインド、そしてスピリットのどのレベルで癒しが起こっているかについて、よりよく知っていけるようになることです。セラピストの卵の旅は、まだまだこれからも続くようです。
スポンサーサイト

2006.11.23 17:11 | スピリット | トラックバック(0) | コメント(2) |

コメント一覧

「癒し」についてのお話、興味深く読ませていただきました。セラピーや整体などで一時的に「良くなった」と感じても根本的な問題を解決しなければ結局すぐに元通りですもんね。そしてその根本的な問題を解決するのは一日や一週間ではできず、長い時間をかけて取り組む必要があるんでしょうね。

2006.12.01 23:42 URL | shinya #- [ 編集 ]

shinyaさん、コメントありがとうございます。

>根本的な問題を解決するのは

根本的に解決すること、自分について気づくこと。おっしゃるように、これには確かに時間がかかると思います。

一方で、かからないときもありますよ。根本の原因にアクセスすることができたら、一瞬で治る場合もあります。

あとは記事の中で書いたように、どこまで自分を知っているかとか(気づきの度合い)、セラピストがどこまで深く理解しているかですよね。タイミングもありますしね。

2006.12.02 00:27 URL | けーじ #T8UkEJ16 [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://bodymindspirit.blog55.fc2.com/tb.php/135-17813ee6

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。