スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

歯のかみ合わせと、体のバランス ~体験談 part-2~

前の記事の続きです。沖縄本島に戻った僕は、イエローページで調べた歯医者に真っ先に行きました。

そこで先生に泣きそうになりながら、

「ものすごい頭痛があるんですけど、歯を噛み合わせること、頭が割れるように痛いんです!朝もパンが噛めないほどなんです。」と訴えました。

その後に先生から言われた言葉は、今でもはっきりと覚えています。
「君の歯は右の上の歯と下の歯の列がうまく噛み合ってないねえ。」

えっ!?そうなの!?

そんなこと、今まで歯医者さんでも言われたことなかったぞ。
ホントやろか。もしかして、ここやぶ医者かも。。(後に反省。疑ってはいけませんね。)

でもそれがどうだっていうんだろう?

???

「マウスピースを作って、噛み合わせをきちんとしてあげればよくなると思いますよ。」

なんで?

「最近歯をグッと噛みしめるような激しい運動したことある?」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

!!!あ~!!!

あの砂浜で、砂をどけようともがいたときだ!

それも、30分くらいも!!あんなにも歯を長い間噛みしめたの、
生まれて初めてだった!あれにやられたのか!

!そうか!

ほとんど噛み合っていないのに、力一杯長時間に渡って噛んでいたから、少しだけ噛み合っている部分に圧力が集中して、その圧が歯や顎や頭にいったとしたら、、、こんな痛みになるのか!?確かに、右の頭の方がガンガンするような。。

しかしまさか、「砂に埋められてもがいてました」と歯医者さんには言えず、曖昧に返事をしてしまいました。

そして、僕はマウスピースを作ってもらいました。掃除する時以外は、食べるときも寝るときもはずしてはいけませんよ、とのことでした。

頭痛はその日もずっと続いていました。僕は一日中慣れないマウスピースをつけていました。マウスピースで食べる食事は、、まずう。入れ歯よりも噛めてなかったことでしょう。食べてる気がしなかったのを覚えてます。

 それでも那覇の安宿(ゲストハウス)では、毎日夜に宴会がありました。泡盛がタダになってリビングでは宿の主人やスタッフ、宿泊者達でにぎわいました。そこでいろいろな旅人たちと会い、話していると気がまぎれました。飲めないのに飲まされて(当時よくあったように)、酔って寝たので痛みもましだったような気がします。

 そうして僕は生まれて初めて、自分の右側の歯の上と下の歯がちゃんと噛み合っていないことを知ったのでした。
スポンサーサイト

2007.04.20 22:37 | 経験からのお話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://bodymindspirit.blog55.fc2.com/tb.php/177-016f35db

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。