スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

暖かいPhisical contact の大切さ~Hug~

 こっちにきてから久しぶりにあった友達などとHugをするときに愛情のこもったPhisical contact の大切さを実感します。会ったとき、別れるときにギュッとお互いを抱擁し合います。ハグはとっても相手の暖かみを感じるんですよね。友達である程度仲良くなってからよくハグをするようになります。

 話をしたりして別れるときにはGive me a Hug! と言われたり、こちらから言ったりします。
 男と女だからといって恥ずかしがるようなことはありません。セクシュアルな感じは全くせず、純粋にお互いのうれしさや暖かさのこもった挨拶といった感じです。そしてこの体の接触があるのとないのとでは、ある一つの壁がある、または距離を感じます。自分が相手を受け入れていなかったらハグは起こらないですから。

 日本はハグをする習慣が普段からはありません。親しい人たちとする人はいますが、多くはないですよね。親しい友達でも男と女の人同士ではほとんどしないと思います。親子ではどうでしょうか。女の人は比較的お母さんとの距離が近いのかハグを自然にする人も多くなると思います。お父さんとは習慣がなかったらあまりないでしょう。さて、男の人はどうでしょう。お母さんと抱擁しあうとなると、ちょっと恥ずかしい、照れくさいなんていう感情が起こるのではないでしょうか。ましてやお父さんとは男同士で変に思うかも知れませんね。でもほんとは愛情表現の自然な形だと思います。

 一方で、ワーカーや学生達の朝帰りの通勤ラッシュでは頻繁に肉体の接触が起こります。これも一種のPhisical contactですが、全く質が異なります。お互いに通じ合っているものが全くないからです。体の接触があってもそれは強制されるものですから。しかしここに違和感を感じてしまいます。普段からお互いを知った親しい人たちの中で肉体的な接触はないのに、知らない人とは自然な形ではないにしろあるのですから。

 もしかするとある人は、人のぬくもりを勘違いしてしまうかもしれません。愛情のある暖かみはなくても肉体的な暖かみは感じますから、親からオープンで暖かな愛情をもらって育たなかったら、体のフィジカルな暖かさだけを‘人の温かみ’と思ってしまうような。まじめな話、それが変な形の行動で現れている人も今の社会では多いのではないでしょうか。

 個人的な意見ですが、HUGはとってもいいことだと思います。自然に人のぬくもりと接することになります。そして感情を伴った他人との接触を自然に感じていけますから。その自然なぬくもりというのは、赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいたときからもらう暖かさや小さい頃に、お母さんやお父さんからもらう暖かさなのだと思います。小さい頃は普通に抱き合ったりしますよね。それをいきなり大きくなってきたからやめるなんていうほうがかえって不自然だと思います。そしてこの暖かさ、愛情のこもったPhisical contact というのはだれもが生まれる前からが持っていた自然な状態で、だれもが持っている自然な欲求であると思います。僕はこのハグを交わすという自然な挨拶がとっても好きです。日本でも、友人同士が自然にできたらすごくいいだろうなと思います。

 僕はこの自然な挨拶を日本に帰ってからも続けますけどね。そしてこの暖かい抱擁は、日本に住んでいる方々が、お母さん、お父さんになって子供ができて、またその子が大きくなっても、ずっと子供にしてあげてほしい愛情表現の一つです。
スポンサーサイト

2004.11.10 09:07 | カラダ | トラックバック(0) | コメント(3) |

コメント一覧

子育ての文化としてHUGが輸入されるといいですね~。でも、Rolf Insutituteのセラピューティック・リレイションシップの授業の際に、「クライアントとのHUG」について討論せずに済んだのは、ちょっと有難かったかも・・・。日本では、ほとんどHUGで問題が起きることはありませんものね。ただ、友人や夫婦間のHUGはもう少しオープンになっていくと楽しいな~。

2006.08.15 15:54 URL | りつこ #- [ 編集 ]

私もHUGだーーーーーい好き♪

日本に戻ってからつらいのは、この習慣がない事。非常に寂しい。
今までは友達がHugしてくれてホッとする事が多かったけど、日本ではその習慣がないから、Hugできるのは海外に住んでた経験があったりした人達とだけ。
他の人だと、私はかまわないけど、相手がびっくりしちゃうもんね。

Hugって、phisical contactだから直接右脳にくるんだよねぇ。人の温かさや気持ちを言葉なしで感じれる。

友達が悩んでたりしてて、でも言葉がうまく出てこない時、そういう時はHugで気持ちを伝える事ができるし。もちろん、うれしい時も。

Hugの習慣に慣れていないと、つい恥ずかしがってHugしちゃいがちだけど(腰がひけてる人とかいるでしょう?)、それじゃ伝わらない。

Hugをする時はギュッっとしないとね!

この習慣、もっと増えないかなぁ。心温まる人が増えると思うぞ。

2006.08.15 15:55 URL | Yuki #- [ 編集 ]

 実はアメリカでもこのハグに慣れている人となれていない人で分かれるんですよね。このコンタクトが少ないくなってきているというのは、アメリカ社会全体である、というのがアメリカ人の友人達の意見です。とくに若者達の間では。

 でも、やっぱりHugはいい!!そうそう。言葉で伝わらないことを伝えたいとき、自然に手を広げてHUGする格好になって自然に起こるもの。この習慣、増えるといいねえ。

2006.08.15 15:56 URL | けーじ #- [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://bodymindspirit.blog55.fc2.com/tb.php/19-a5b6e735

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。