スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

~スタート~ ロルフィング ユニット3 in ブラジル

いえい!ブラジルだ!!海だ!って浮かれてるのもつかの間。ブラジルでのユニット3が開始して一週目が過ぎました。やっぱりトレーニング中はなかなか時間がとれないものですね。更新が遅れました。

トレーニングはとても本格的です。一週目はアナトミーと10セッションのおさらい。

クラスメートは全部で12人。アメリカ人8人、ドイツから2人、アルゼンチンから1人、そして日本(僕)からはるばるブラジルに集まって来ました。

ブラジルに学びにくるということだけあって、授業へのモチベーションは高いと思います。

生徒達の第一印象は、知識のレベルが高いこと。みんなかなりの知識を持っているなあと感じます。相変わらず先生が話していても話しをしているアメリカ人の若い生徒もいますが、それはアメリカでも見られますよね。

僕は、忘れまくっています。やばいぃ~。専門用語がスッと入ってこないぞ。やっぱり言葉の壁はあるねえ。ビーチで遊んでる暇はないかも。。

実技レベルではまだわかりませんが、先生のデモ後、先生の真似しようとする生徒は少なく、自分のスタイルでやる生徒が多いです。これは日本人の僕から見ると、ちょっと待ってよ、といいたくなりますが、海外では当たり前に起こります。

ロルフィングそのものに原則はあっても、テクニックを固定しているわけではありません。質が保てたら(これが大事!)、テクニックでは一人一人で違ってもいいのです。

僕は何がなんでも先生のをマスターしたいと思うけどね。だから、他の人を見ると時々もったいないなーと思ったりします。

そしてアナトミーの先生は知識、経験のどちらのレベルでも言うことありません。名前はCornelia Rossi。彼女は60歳を超えていると言ってました。彼女がアイダ本人に学んだかどうかは知りません。多分ブラジルの一期生じゃないかな。又聞きかもしれないけれど、時々アイダ女史の話をしてくれます。彼女の説明でアナトミーを復習しながら、10セッションを復習していきます。

彼女のデモはとても参考になります。至る所にムーブメントがちらべられています。これが僕が学びたかったことだ!という実感がすぐにもてました。基礎をちゃんと学んで、自分でできるようにしたい!

そして、ムーブメントを使ってはいるものの、彼女の要所要所のアプローチはクラシックの10セッションに近いと感じます。

アイダはセッション2でここはこうした、というのを説明しながらやってくれます。ロルフィングでは未だに、どうしてアイダ女史が特定のセッションの中で特定の手技を使ったのかがはっきりしていない部分もあるようです。手技では僕がユニット2でRayに学んだやり方とは違うところもでてきます。

彼女の圧はやさしく、重くはありません。ムーブメントを使いながら「年を取ってからはこうして楽にやる方法を覚えて言ったのよ、でも同じ結果がでるのよ」と言います。

でもポイントではグッと入ってきます。生徒でやりあうときに、骨盤の底の筋肉(Obturator Internus)をデモしてもらいましたが、とっても深くビックリしました。

肛門にちょっと近すぎるんじゃない!?と感じたのでビックリしました。Obturator foreman(スペルは間違ってるかも)の半分くらい上まで触れました。ユニット2では、ちょっと触れる程度だったのに。一度見て、僕もやってもらいましたが、あとで座るとお尻が痛かった。これはクライアントにワーク中や後どう感じるかの説明が要るんじゃないかな~。でもビックリ。体がしっかりと地につく感覚があります。下からのサポートがあって、体がスッと伸びます。

「ここまで届かすのか。」この部分ではユニット2で学んだのと大分違いました。

この先生と、ペドロとパウラ(来週登場)でユニットは進んでいきます。すばらしい学びになることは、間違いありません。英語とか、ポルトガル語とか、住環境とか慣れないことはたくさんあるけれど、僕ははるばるブラジルに来てよかった、と思います。


窓の外の景色


クラスルーム


クラスルーム2

スポンサーサイト

2007.10.07 03:15 | ロルフィング | トラックバック(0) | コメント(2) |

コメント一覧

UNIT1でコーネリアに教わりました。
ロルフィングにとって重要な事を学ばせてもらいました。いい先生です。

2007.10.19 22:49 URL | ジャパン #M8gRgfUY [ 編集 ]

ジャパンさん、書き込みどうもありがとうございます☆

コーネリアも日本のことを話してましたよ。とってもいいクラスだったって言ってました。そして日本の生徒さん達の暖かい歓迎にとっても感動していたと話していました。別れの後、もうひとりのインストラクターと泣いていたそうですよ。そんなクラスは初めてだったそうですよ。良い学びをされたことと思います。

2007.10.21 02:57 URL | けーじ #T8UkEJ16 [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://bodymindspirit.blog55.fc2.com/tb.php/197-77a47279

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。