スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

言葉足らず、いらず?のセッション

ブラジルトレーニング、今週からクライアントとのセッションが始まりました。そしてなんとか一週間が無事終わりました!そして今回から、金曜日がお休み。やったー(^ ^) ホッと一息です。
授業に、セッションに大忙し。ポルトガル語を覚える時間はありません。毎日授業が終わったら疲れてお休みモードへ。

ということで、身振り手振りを使ってやりとりをするように気持ちを切り替えました。ポルトガル語を覚えないと、とすればするほど覚えれないし、とっさに使うことはできません。いっそ、言葉なしでどうにかしてみよう、っていうように考えを切り替えました。そしたら気分が一気に楽になった。

昨日はストラクチュアルのワークの第一セッション目。両方のクライアント共にうまく運ぶことができました。言葉のプレッシャーを手放して、自分のペースで進めることができました。どうしても伝えてほしいことがあるときには、インストラクターにサポートしてもらいました。

ルームメートの一人がこんなことを言ってくれました。

「今は足りない調味料がある中で料理を作っているのよ。作る方はプロの味が出せいと感じていても、それでも食べる方は満足してお腹を満たして帰ってくれてるから、大丈夫。やれる範囲でやれば。」

なるほどなーって思いました。セッション中は身振りとクライアントの体を動かして、「こういうふうにしてね」って分かってもらいました。なんとか伝わったかな。

でもムーヴメントを使いながらのワークには慣れません。まだコツがつかめない上に言葉足らずで、いろいろ試せないでいます。今までやってきたワークのスタイルが出てしまうことも。力んでしまうところもたくさんありました。

言葉が圧倒的に足りないときに、どうやって流れのあるセッションを進めていけるか。うまくいかないから、それだけ勉強になるところもあるなあと感じます。リラックスしてムーヴメントを使いながらできるようになる。それがブラジルトレーニングでの目標です。

そんなこんなで、本格的にクライアントとのワークが動き出しました。
スポンサーサイト

2007.10.26 07:04 | ロルフィング | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://bodymindspirit.blog55.fc2.com/tb.php/203-a94734d4

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。