スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

自己成長と学びとしての場所

この学校では、みんなが個人的にも学ぶことが多々あるようです。いそがしいスケジュールの中、みんなヒーヒーいいながらも頑張っているのですが、それぞれがいるシチュエーションも異なります。ちっちゃな赤ゃんがいる人で、時間を作りながらどうにかこうにかやっている人もいます。個人的に体の痛みとどうにか折り合いをつけてやっている人もいます。自分の心の傷と葛藤しながらやっている人もいます。
僕なんかは今まで自分のことは、自分でやってきたのに、それができなくて人に助けをかなり尋ねなくてはいけい状態です。語学という壁が僕に課題を突きつけています。ペーパーワークがたくさんあると、もう自分ですべてをやるということが時間的に不可能になります。そういうときにはなりふりかまわず人に助けを求めなくてはいけません。

 僕は元々自分で自分のことはやる、というのがモットーとしてやってきましたから、人に頼むというのはすごく気が引けるんですよね。他人のことは自分のできる限りいつも助けるのに、自分が助けられる立場になるのはとっても苦手なんです。ありがたいと思う気持ちとなんか悪いなあと思う気持ちがでてきます。その一方で、自分で早く自立しないと、と焦る気持ちもあります。これも一つのレッスンかもしれません。

 人に好意を尋ね、人から好意をありがたく受け取る。自分が素直にそれ受け取れるようになるのも勉強の一つなのかもしれません。今は日本でいたときのように、自分が他人を助ける余裕がありません。逆に人から助けてもらってどうにかやっています。今までとはまったく違った環境で日々学んでいます。
スポンサーサイト

2004.08.25 03:57 | 経験からのお話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://bodymindspirit.blog55.fc2.com/tb.php/8-dbb9a30b

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。