スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ロルフィングセッション◆10series⑧◆9/28/05

残りわずか3セッション。早いです。あっという間です。二週間に二回のセッションはペースが早すぎる。このレポートも体験が新鮮なうちに書くのって大変です。でも毎回とても充実したセッションです。いつも多くの学びがあります。驚きがあります。体が変わっていくとともに、体の中に居るのが今までになく自然で心地よくて、うれしくなってしまいます。

 歩くとき、階段を上り下りするとき、走るとき、車を運転するとき、寝るとき、座ってパソコンに向かっているときなど、いつも姿勢に注意が向かいます。いままで学んだ動きを試しながら体の変化を感じるのは、退屈することがなくとても楽しいです。
 今日からの3セッションは、まとめのセッション。今までのワークを統合していくような感じかな。インストラクターは、体の調子を聞いてくれて、ワークが十分でないところを把握してくれました。まだ右の背中のワークがほしいと伝えました。

 また、セッションの始めの歩き、膝の曲げ伸ばし、腕の上げ下げなどを通して、どこに焦点を当てていくかを考えてくれました。そして、そこを考慮に入れながらのセッションです。

 インストラクターは、歩く動作をするときの、骨盤の前後の開きがもっと欲しいようでした。そこが開かれたら、体全体がもっとスムーズに動作できるだろうということです。腰、骨盤周りを中心としたワーク、足の太もも、足のサイドのポイントワーク。それから、首、最後に座った状態での背中のワーク。自然な動きへの可能性をより広げるために必要なワークをしてくれました。やったことは、今までに書いてきたワークの部分をつなげた感じです。いつものように、僕の動作に合わせて筋膜を伸ばしてくれます。だいたい動作も把握できてきました。

  一つ新しい動作がありました。仰向きです。片方の動作をしない足は、膝を曲げた状態で、足の裏はベッドについています。もう片方の足は、伸ばした状態で、足全体を内側に捻り、そして膝を曲げる。膝を外側にバタンと倒して、踵から足を伸ばす。

 この動作を繰り返し練習しました。反対回りもしました。いつものように、なるべくお尻、太もも、そしてふくらはぎの筋肉は使わないようにしながら、でも動作はいままでになく速いペースでスムーズに。かなり難しかったです。早く動かすということは、それだけ筋肉の力も使うのなのですが、それを極力抑えるのが理想通りにはいきませんでした。でもそうして練習することで僕の体はまた一つ新しい感覚に慣れてくれたと思います。

 セッション後は、体が歩き方を忘れてしまったようにぎこちなかったです。僕が首をかしげながら難しそうに歩いているのを見て、みんなが笑っていました。セッション中は、しばしば笑いありの和やかな雰囲気で進みます。

 足や手をぶらぶらさせても、違和感が残ってしまっていました。ワーク後は、いつもその感触があちらこちらに残っていて、体がタッチを覚えたままなので、体がスムーズに動かないことがしばしば。今日は体の部分的なワークをあちらこちらにしたので、その感触が強かったのだと思います。

 また筋膜が伸ばされるので、体の中にスペースができます。その新しいスペースに体が適応して同化するまでには時間がかかります。筋肉や内臓などの器官が少しずつ動いていきます。その過程でしばらくの間、Proprioceptor(固有受容体…自分が空間の中でどこにいるかを把握する受容体。筋肉などの中に存在する。例えば、片足で立っているときに倒れないように調節するのもこれが働いているため)が混乱するようです。セッション後は一番この反応が大きいようで、徐々に収まっていくのが分かります。

 およそ10分後には、この違和感はほとんどなくなりました。体が新しい環境に順応するときの能力の高さを肌で感じます。ロルフィングで10セッション後に、体がワークに適応し完全に落ち着くまでには数ヶ月(6ヶ月くらい?)かかるといいますが、おそらくこの反応が体全体に、段階的に行われて行くのでしょう。意識的には気づかない程度の変化になっていくとは思われますが。

 この僕の反応を見て、インストラクターはトラッキング(tracking)後のエクササイズをしてくれました。足を曲げた状態で壁にもたれて、足を曲げたり伸ばしたり。伸ばすときには、足の踵から親指の骨で地面を押すように。そして、曲げるときには、お尻の骨(Ischial tuberosity)から下がっていくように。これもいつもの動作の続きです。

 これをすることで、体が歩き方を思い出します。その後はスムーズに歩くことができました。インストラクターの臨機応変な対応は勉強になります。体のことをきちんと把握してくれているのでありがたい。インストラクターからワークを受けてよかったなあと思います。そのセッションもあと残り2回。さて、どんな変化が続くか楽しみです。
スポンサーサイト

2005.10.06 17:27 | ロルフィング | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://bodymindspirit.blog55.fc2.com/tb.php/80-56e38444

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。