スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ロルフィングセッション◆10series⑩◆10/5/05

さて、いよいよ最終セッションです。今日も、足りないところを最後に調節する、という趣旨のセッションでした。また、今までセッションでやってきた動作を少しずつ広範囲に渡っておさらいしました。
 セッションの始めには、5分間ほどとってもらい、僕が体験したロルフィングというワークについて、ホワイトボードにイラスト付きで語る時間を頂ました。体験したこと、それから学んだことをみんなと分かちあえたらと思ったからです。

 先生やインストラクターを始め、多くの学生の顔が忘れられません。すごくいい顔、暖かい眼差しで聞き入ってくれました。ちょっとだけ目や顔が赤く紅潮する感じかな。僕的にいうとスピリット同士が触れたときに、人はこういう顔になります。またシェアしたことは後々ロルフィングの総括編を書くときにでも書こうと考えています。

 復習動作おさらい。棒を持って右左。足を踵から下げていく。踵、つま先の上げ下げ。特に足首の柔軟性を重視してワークし直す。

 首を感じるワーク。インストラクターが首の下を支えながら、下から押し上げる感じ。僕は顔を右左に動かす。

 Anterior Pelvic tilt。Lateral Pelvic tilt。 復習しながら、まんべんなく微調整。

 投球動作をもう一度練習。歩き方の違いをセッション前と後を再現し、もう一度感じる。腕の上げ下げ。膝の上げ下げ。首を左右、前後に動かす。などなど。基本的な動作は今までのと同じ。筋肉を使わない。骨から動作を始める。そして理想的に、筋肉を最小限の力で使う練習。

 一つの動作に注目した後、体全体にその動作を広げる。下から、腰、背中、胸、首へ。体がその動作を十分感じるまで、自分でも動作の探求をする。何度も感じてみる。

 ざっと、復習したことを並べてみました。この動作は全部、いままでのセッションでやってきたことなので、そちらを参考にしてみて下さい。僕がここで言及しておきたいのは、足りないところに注目してワークをしながら、総復習をやったんですよ、ということです。

 うん、完結した。そう感じました。締めまでのあらすじもばっちり。セッションの最後、これでこのクラスともお別れかあ、とちょっぴり寂しく思ったときに、みんなからのメッセージの入りポストカードを渡されました。

 そして、インストラクターからは、「Rolfing and Physical Reality by Ida Rolf」の本を頂きました。予想していなかったのでビックリ!したっ。彼女は、僕が将来ロルファーになるのを心から歓迎してくれています。はやく仲間として迎えたい、大歓迎よ!と何度も言ってくれていました。

 ブラジルに来てムーヴメントを習ぶなら、是非連絡して、と名刺も頂きました。彼女はブラジルのムーヴメントでもアシスタントをするようです。いつものように、そして今回はとびっきり、ぎゅ~っと、大きなハグをしました。
  
  最後まで暖かい雰囲気がありました。みんなに感謝感謝の気持ちでいっぱいです。幸福感に包まれながら、こうして僕のセッションの幕は閉じたのでした。
スポンサーサイト

2005.10.12 18:09 | ロルフィング | トラックバック(0) | コメント(2) |

コメント一覧

Rolfing終了、おめでとう!!新たなけーじさんの出発おめでとう!!私たちも「早く仲間として迎えたい!!」皆を代表してビッグ・ハグを贈ります。素晴らしい報告・・BCMTで学ばれた努力がそのまま実力になっておられることが、ありありと分かります。ますます頑張ってください。

2006.08.18 18:16 URL | りつこ #- [ 編集 ]

 ありがとう!ビッグハグ受け取りましたっ。セッションが終わってからも、体の調子、いいです。今までになく、快適な自分を楽しんでいますっ♪
  
 そして、ロルフィングのセッションが終わった次の日から、今学期が始まりました。僕にとってラストの学期です。やることは多いですが、張り切って頑張っていきたいと思います!

2006.08.18 18:17 URL | けーじ #- [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://bodymindspirit.blog55.fc2.com/tb.php/83-69d7adb7

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。