スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

赤ちゃんへのボディーワーク 

 「僕はなぜか新しい命に惹かれます。同じようにその反対局面の死にも惹かれます。命の始まりと終わり。今から人生を歩む命と、これから一つの人生の幕を閉じようとする命。新しい命にはよく生まれてきたねえ、と暖かい歓迎の気持ちを込めて。終わりを迎える命に対しては、今までお疲れ様でした、と畏敬の気持ちを込めて。特にその人の人生の最初と最後には、暖かい愛情に囲まれていてほしい、という気持ちが僕の中にはあります。」

  2つ前の学期では、妊娠中、そして分娩後の女性のためのトリートメントを学びました。過去ログ「命に惹かれて」参照。

  そして先学期は、赤ちゃんへのボディーワークを学びました。
「ぴゅーっ!」と勢いよくオシッコする赤ちゃん。泣いてばかりいる赤ちゃん。気持ちよさそうに、にっこりスマイルしている赤ちゃん。マッサージを受けているときも、赤ちゃんは千差万別。いろいろな動き、表情を見せてくれました。みんなと~ってもかわいかった。

  このクラスでは、僕たち生徒は赤ちゃんへのワークを、人形を使って学びました。ビデオを見たり、参考書やテキストを使ったりしながら、赤ちゃんについて学んでいきます。そして2時間×3回のマッサージのセッションでは、ご両親と赤ちゃんに学校に来てもらいます。そして、僕たちはインストラクションを見ながら、人形でデモンストレーションをして手ほどきします。ご両親は、オイルを使い、実際に自分たちの赤ちゃんにマッサージしていきます。赤ちゃんはだいたい1ヶ月~6ヶ月(ハイハイするまで)を対象としています。

  赤ちゃんへのボディーワークの効果には驚かされます。かなり研究も進んできているようです。効果の例を挙げてみましょう。

両親と赤ちゃんの絆が深まる。赤ちゃんにとって、マッサージタッチは愛情が伝わるものすごくパワフルなコミュニケーション手段。
神経回路、筋肉組織、免疫機能の発達を助長する。
赤ちゃんが食べ物を消化するときの不快を和らげる。
睡眠の質、睡眠規則の改善。
赤ちゃんのリラックス、快適な時間を与える。
未熟児の体重増加。
お母さんのプロラクティンというホルモンの増加。母性愛情に関与したり、ミルクが出るのを促したりする働きがある。           Etc。
   
  お母さんから、テキストに使った本の筆者に送られてきた手紙の中には、未熟児だったのに今では愛情豊かな立派な大人に育ち、社会の中でも成功していると、感謝の手紙が載っていました。タッチを通して愛情を伝えることや、体への刺激は、その後の赤ちゃんの人生に多大な影響を及ぼすようです。

  とにもかくにも、赤ちゃんはかわいい。そして赤ちゃんにワークするのは、慣れたらきっとご両親にとっても楽しいと思います。たまにはオシッコをひっかけられることもあるかもしれませんけどね。またそれも愛らしく感じることでしょう。

スポンサーサイト

2005.10.14 16:17 | 生と死 | トラックバック(0) | コメント(3) |

コメント一覧

けーじさん、今晩は。ベビーマッサージは私の夢のひとつです。ただ、孫まで待たされないといいのですが・・・。本当に、新たな命と向き合うのは喜びですね。アイダも赤ちゃんへのRolfingを晩年は好んでいたのでしょう。「詩」も素晴らしいですね。けーじさんの思いそのままに受け止めているかな?いつかは、ケージさんのもとにも「赤ちゃん」が訪れてくれるでしょう。

2006.08.19 16:48 URL | りつこ #- [ 編集 ]

けーじさん
わたしも、ベビーマッサージとっても興味あり!です。実家に帰っても、姪っ子に触りまくってました(ただ、触ってるだけです・・・)。また、お母さん方の体の歪みも深刻ですね。義妹も腰痛を感じている
そうです。。友人もベビーブームですし、自分も遠くない将来、子供を持つ予定なので、
楽しみです♪そしたらみんなで触りまくりましょう~♪♪

2006.08.19 16:49 URL | winniepooh #- [ 編集 ]

 りつこさん>
 ビックリ!いつか僕にも赤ちゃん!?考えたことまだないなあ。自分の赤ちゃんは特別かわいい、とよく聞くけれど、そんな感じはあまりしないタイプなんじゃないかなあと自分で思っているくらい。どうなんやろう?うーん。不思議な感じです、はい。

winniepoohさん>

 少子化でも、ベビーブームと聞くとちょっとうれしいですね。日本の赤ちゃんがみんな両親からマッサージ受けるようになったら、日本の将来もきっと明るいぞ。どの赤ちゃんにも愛情あふれる人格に育ってほしいです。

 昔から、インドを始め、いろいろな国、文化の中で、赤ちゃんへのマッサージは伝統的にあるのです。その伝統のないアメリカ人(あれ?イギリスやったかな?ど忘れしました)がインドを訪れたときに、道ばたでお母さんが赤ちゃんにマッサージをしていたを、その方が見たのをきっかけに、ここでも赤ちゃんマッサージは始まりました。伝統の型と、オイルを使ったスウェディッシュマッサージを組み合わせたものです。アメリカでもまだ少数派ではありますが、どんどん広まることを期待します。日本でも調べたらどこかにありましたよ。講習を受ける値段は結構高かったですが。赤ちゃんマッサージが、どこでも学べるようになればいいなあと思います。

 うーん。お母さん達のケアもおっしゃるとおり大切です。妊娠中にどれだけ不自然な姿勢を取らざるをえないか、それに対しての最低限の知識と、定期的な自分のケアが必要だということを伝えたいですね。腰、肩、首にコリ、痛みを持つ方、足にむくみを持つ方が大勢いらっしゃいます。妊娠中、また、分娩後の女性のためのマッサージも広まればいいのになあ。

 ところで、日本には指圧というすばらしい療法があります。もし施術者が、妊婦さんや分娩後の女性の体について、十分な知識とそれに対応できる腕を持っていれば、強力な癒しの手段になると思います。これは施術される方の腕によりますけれどね。

2006.08.19 16:50 URL | けーじ #- [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://bodymindspirit.blog55.fc2.com/tb.php/85-9ee33a82

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。