スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Hospice ~死を迎える方のための施設~

「僕はなぜか新しい命に惹かれます。同じようにその反対局面の死にも惹かれます。命の始まりと終わり。今から人生を歩む命と、これから一つの人生の幕を閉じようとする命。新しい命にはよく生まれてきたねえ、と暖かい歓迎の気持ちを込めて。終わりを迎える命に対しては、今までお疲れ様でした、と畏敬の気持ちを込めて。特にその人の人生の最初と最後には、暖かい愛情に囲まれていてほしい、という気持ちが僕の中にはあります。」

 過去の記事からの台詞の引用ですが、その中の「死」と向き合う機会がやってきました。今日からホスピス(Hospice)でのインターンシップが始まったのです。ホスピスとは、末期患者のケアシステムが整った施設のことです。老人の末期患者のみがやってきます。ドクターやナースが待機しています。90パーセントの患者さんは2ヶ月後くらいまでにお亡くなりになるそうです。そんなホスピスでのインターンシップです。
 その女性の患者さんは、ホスピスにいるのがとても嫌なのだと、ナースから聞きました。

 年と薬でやせ細った体。背中と手からチューブが体の中に通っていました。辛そうでした。薬やチューブに囲まれて、満足に体を動かすこともできません。快適なはずはないのです。しかし、とても高潔な精神の持ち主だということがすぐに分かるほど、やさしさと気品に溢れていました。言葉もしっかり話せました。部屋には、その方と娘さんくらいの年齢の女性の方がいました。世話をしているその女性も、見ているのが辛そうでした。死にゆくお母さんが苦しんでいるのをもう見たくない、そんな辛さだと分かりました。

 体の不快感について聞いた後、そっとワークを始めました。ゆっくり、ゆーっくり時間をかけて、手の圧を体にかけていきます。やさしく、心全体に行き届くような、それでいてしっかりと届くワーク。不快をとりのぞけるように心がけました。内からおもいやりといたわりの心が溢れてきました。そして僕の手が響いているのが感じられました。背中、首、手、そして足へ。冷たい手でした。とどまって暖まるまで待ちました。言葉はいりません。タッチを通しての会話です。

 ワークが終わったことをそっと伝えると、その患者さんは、心から感謝してくれました。そして僕の手を握りました。僕も自分の手をそっと彼女の手の上に乗せました。すると、患者さんの目から涙が溢れてきました。今まで辛かったのでしょう。

 その患者さんをケアしていた女性の方もセッション中部屋に一緒にいましたが、その方からも涙が溢れていました。「こんなに気持ちよさそうにリラックスした姿はずっと見ることができなかった。」「セッション中、ここにいさせてくれてありがとう。」と涙ながらに言葉をいただきました。セッション後の僕との会話後は、母と娘さんが作るような、涙と愛に満ちたやわらかな空間がありました。涙をきっかけに感情が素直に流れ、今まで辛くて話せなかった何か、を伝え合っているように見えました。彼女たちの幸せを願います。

 今という瞬間に、その場所で、体と、心に触れるタッチがある。やさしく、そしてしっかりと包みこむタッチ。それは言葉や思考を超えて、心とスピリットにまで、確かに伝わるものだと実感しました。
スポンサーサイト

2005.11.10 15:16 | 生と死 | トラックバック(0) | コメント(3) |

コメント一覧

ありがとう。。。
もちろん、私はそのお二人にお目にかかったことはないのだけれど、同じ「人間という種」として生まれてきた命のひとつとしてけーじさんがなさったことにありがとうと感謝を伝えたくなりました。

2006.08.28 15:26 URL | momo #- [ 編集 ]

素晴らしいお仕事ですね。こうした環境は今の日本には大変に不足していると思います。
けーじさんの帰国をますます期待一杯でお待ちしています。(大分先ですね)

2006.08.28 15:26 URL | りつこ #- [ 編集 ]

 momoさん、りつこさん、ありがとうございます。

 生まれてくるとき、そして死を迎えるときに、人にはっきりと伝えることができるものが、やすらぎのタッチだと思います。

2006.08.28 15:27 URL | けーじ #- [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://bodymindspirit.blog55.fc2.com/tb.php/89-e3fe5f0c

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。