スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ハイヒールに、ご用心

クリニックである60代の女性にワークしたときの話です。彼女の足の親指は「へ」の字型になって、内側に捻れていました。手術もしたそうですが、効果はあまりないようでした。もう一度手術を受けなくてはならない、とおっしゃっていましたが、その効果は疑問です。彼女に聞くと、「ハイヒールの靴をよく履いていた」そうです。
足だけではありません。彼女の腰辺りの背骨はS字に大きく曲がっていました。とてもイライラしている様子でしたから、不快感が目の当たりにできました。「1(軽い不快さ)~10(一番ひどい不快)のスケールで今日はどのくらいですか?」と僕が聞くと彼女は「今日はかなり悪い方で7~8くらいだわ」と言いました。

 背中の骨がS字に歪んでいて、筋肉も骨のカーブに押されて、大きく歪んでいました。あれほどはっきり大きな歪みを見たのは初めてでした。

 彼女のエネルギー的なアンバランスも、その場にいるだけで感じました。そのクライアントが持っている不快感が想像できました。彼女はこの不快さのせいで、ここ数年人生が全くうまくいかない、というようなことを言っていました。

 極度に歪んだ骨格を治すことは不可能ですから、僕はその時の状態の、筋肉、そして全体のエネルギーのアンバランスを取り除くことを心掛けてワークをしました。かなり深い圧をかけました。ワーク後はエネルギー的なバランスが良くなっていました。このエネルギーというのは、直感的に体の中に入ってくる感覚です。クライアントに合ったボディーワークができると、このエネルギーのアンバランスを解消できます。タッチを通して直接体に働きかけるというのは、とてもパワフルなのです。

 セッション後、そのクライアントは、「不快感が3程度になったわ」と全く違った表情で、すっきりした顔で帰っていきました。

 女性がハイヒールの靴をはいて歩く姿を見ると、複雑な心境になります。おしゃれもいいですが、まずはヒールがどれほど体に影響するか、というのを女性の方には知っておいてほしいと思います。

 ヒールをはくと、体の姿勢が不自然になります。足の指、とくに親指にものすごい圧がかかります。ふくらはぎの筋肉を絶えず緊張させます。膝が曲がり、おしりが後方に移動するので、腰の背中側のカーブが深くなり、それが背骨に負担をかけます。また首も軸からずれますから、首のつけねの筋肉を緊張させます。主に足、腰、首に大きな負荷がかかります。また、不自然な格好で動作すると、関節の可動域を制限し、それが特定の箇所に過度な負荷をかけることにもつながるでしょう。

 そんな状態を長く続けたら、体にはそれを反映するかのように、そのままはっきりと歪みとして影響がでてきます。そして一度それに拍車がかかると、もう元のようには戻りません。あとで後悔するばかり。ボディーワークで一時的に体のバランスは取り戻せますが、またしばらくすると歪みます。その後は定期的にセラピーに通わなくてはならないでしょう。もしくは手術という手段を選ぶ人もいると思います。そして極度の症状になると、彼女のように両者を併用するようになるかもしれません。

 ハイヒールが好きな女性の方に、ハイヒールを履くな!とはいえませんが、極力ヒールの低いものを選ぶとか、ヒールのある靴を履く頻度を下げるとか、履いた後の体のケアをボディーワークなどできっちりとしておくなど、そうした方法をとっていただけたらなあ、と思います。女性の方々には、こういうことを知っていてほしいなあと思ったのでした。
スポンサーサイト

2005.11.22 15:39 | カラダ | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

大賛成です。

冠婚葬祭にしかもう履けませんが、どんなに足に優しいとうたっていても私には長時間はムツカシイ履物です。

このハイヒールを履く・履かない問題?
結構根深いものだと思います。フェミニスト運動家では全くないけれどそう思います。

まぁ、そんなことは気にしなくとも、身体の観点から言うとこんな感じですよ、履くならばお休みが必要ですよ、質や高さも選んでね、履いた後はケアが必要だよ、というけーじさんのコメントから多くの履いてられる女性がハタと気付いてヒールから解放される日が増えたらいいなぁと思います☆
でもけーじさんのブログを読んでらっしゃる方々ってきっとあんまり履いてらっしゃらないような気がするのですが!なので履いているお友達を見かけたらさりげにお伝えすることにしますネ。

2006.08.28 15:41 URL | momo #- [ 編集 ]

momoさんのコメントに賛成かも(笑)このブログを見る人はハイヒール履かないですね、きっと。

私もこの内容に関してはいつか自分のブログでも書こうと思ってるけど、私もここ数年裸足の野生児として生きてきているので、ほそ~い靴はもう不可能です…

でも、これでも日本に帰ってからちょっと挑戦してみたりしました。が、大変…結局またdanscoに戻りました。へへ。

かわいいヒールを履きたいっていう女の人の気持ちはでもわかるの!!だから、その中でも選んで履いてもらえたら、足もうれしいんだろうけどな。履いた後のケアとか。ね?
この続きは自分のブログにとっておこうっと☆

2006.08.28 15:42 URL | yuki #- [ 編集 ]

ハイヒールって、昭和30年代のこどもの頃の憧れでしたよね。で、私もハイヒールはけない組ですが、最近思うに、もしかしたら「ハイ」よりも「ファン ライク」に足指が開けない靴の形のほうに大きな問題があるんじゃないの・・?と思ったりもいたします。
まぁ、「纏足」なんてバカ!と思う風習は、今「ハイヒール」という靴のなかに息づいているんでしょうね。「美」に対する思い込みの勘違いって、すこぶるパワフルですね。

2006.08.28 15:43 URL | りつこ #- [ 編集 ]

皆さん反応がお早い!コメントありがとうございます。なるほど、このブログを読む人はハイヒールを履かないですか。では、履いている人で、ヒールに疑問を持ちだした方のために、ということにしておきましょう。 たまーにふらっと偶然このブログを見つけて、この記事に立ち寄ってみたら、こんな情報見つけた、みたいな感じで。(笑 

 みんなが履いているから、という理由で何も考えずに、オシャレ感覚で履いている人が多いですからね。もちろんカワイイし、きれい。ただ、その「美」の裏で、体への酷使があるのだよ、ということを伝えたかったのです。体は良くも悪くも、最大限その人の状況に対応してくれますが(人はこれに慣れてしまう)、あとでつけが回ってきたときがこわいですから。

 まずは、健康が一番です。

「ファン ライク」>足の親指がグニャッと歪んでしまうぐらいですからね。
靴の形に問題があるのも間違いないですよね。

2006.08.28 15:44 URL | けーじ #- [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://bodymindspirit.blog55.fc2.com/tb.php/91-8858b14b

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。