スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ボディーワークとサイコセラピー

ボディーワークとサイコセラピーって、とっても似てるんです。約一年間、定期的にカウンセリングを受けてきて、最近両者がつながってきました。当たり前と言えば当たり前かもしれません。体と心はつながっていますからね。でも実感として分かるまでは、とても時間が要ったんです。
 一週間に一度ほど、僕はカウンセリングを受け続けてきましたが、カウンセリングでは、自分の悩みについてやりとりするだけでなく、時々サイコセラピーについての学びの場としても活用しています。

 最近は、自分の悩みよりも、カウンセラーとの経験談や意見交換の場として役立っています。この一年間で、自分についての気づきは十分ありました。自分の悩み、葛藤の山はとりあえず過ぎたようです。

 さて、ボディーワークとサイコセラピーでよく似ているところを挙げてみましょう。クライアントとの境界線(Boundary)の問題。クライアントがトラウマを持っているときの対応の仕方。クライアントが自分をより知っていくまでの過程。ボディーワーカーと、サイコセラピストがクライアントから感じる感覚の類似点。クライアントのBody, Mind, and Spiritを視野に入れることなど。

 今、「Body- Centered Psychotherapy」という言葉は良く聞きます。ハコミセラピーやゲシュタルトセラピーなど、様々なワークがこの枠に入ります。でも「Mind Centered-Bodywork」なんていうのは聞いたことがありません。こんなのが出来てもいいんじゃないかなあ、なんて思ったりします。近いのが「Hakomi Methods for Bodyworker」ですね。では、「Spirit-Centered Psychotherapy」はどうでしょう。あれま、これはトランスパーソナル心理学のことですね。ではさらに「Spirit-Centered Bodywork」はどうでしょう?未来に出てくるかな。。勝手に想像を膨らませてみました。って、今やってるのが、これか!?正規の学問として、具体的なジャンルがあるといいなあ。。
スポンサーサイト

2005.12.16 16:50 | カラダとココロ | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

「ない」ならば「創ろう!」って思って様々なものがこの世に生まれてきた歴史を持つ私たち人間。。。
けーじさん発信で生み出される兆しに「がんばれー」と旗をパタパタ振っています~。
前回の「Being present」にコメントを試みるも感じたことをそのまま言葉にナカナカできず今尚もどかしさと共にいますが、あぁいうのを読ませていただくとほんと、けーじさん、ライトワーカーだなぁ~とシミジミ思います。

2006.08.28 16:54 URL | momo #- [ 編集 ]

Boulderで実感したのは「東への憧れと希求」でした。その東・・がまだBoulderの中では定かにはなっていませんでしたね。
本当に僅かな「東」からの情報の灯を大切に大切にしている感じがひしひしと感じられたのを覚えています。
その「東」にいる私達は、豊か過ぎてその存在に気づけずにいる「本質」に満たされて生活しているのだと、日本に帰ってから強く感じます。
いずれ、日本から世界に発信すべき「もの」が次々に立ち上がっていくでしょう・・・。
私達がその礎になっていけるといいですね。

2006.08.28 16:55 URL | りつこ #- [ 編集 ]

momoさん>
応援ありがとうございます☆でも僕は論理的に考える思考能力はあっても、文才があまりないので、学問として認めてもらえるようなものを世の中に出すことはできないんじゃないかなあ。西洋人のすごいところは、文章にする才能です。論理的天才がいるんですよねー。

生死の観念を超えるようなギリギリの場所、そしてそれを一歩超えると、そこには言葉として表現できない場所(少なくとも僕の文章力では)があり、そこではすべての社会的価値観が崩壊せざるを得なくなります。それでも人として、自分の経験からそのギリギリの所を発信していきたいと思うのです。

りつこさん>
おっしゃるとおり、東洋へのあこがれが多く存在していることは確かですね。なんか大分アメリカナイズされていて、エッセンスが抜けてない?と思うことも、しばしばです。

でも、西洋から、すばらしい感性を持ち、東洋を理解して、さらに論理的天才がたまーに現れるのですよねー。そういう人たちが、まず認められて、それが広まっていくという感じかな。こちらでは、学校の先生レベルになると、とてもバランスよく理解している人が多いですね。そういう人とのやりとりでは、東洋も西洋も感じなくなります。その場所から、「東」側の人間として、何か発信できるといいなあと思います。

>私達がその礎になっていけるといいですね。
本当にそう思います。お互いに育み助け合いながらがんばりましょう!

2006.08.28 16:57 URL | けーじ #- [ 編集 ]

[こちらでは、学校の先生レベルになると、とてもバランスよく理解している人が多いですね。そういう人とのやりとりでは、東洋も西洋も感じなくなります。その場所から、「東」側の人間として、何か発信できるといいな・・]本当にそう感じます。
東洋にある「悟性」が西洋で培われた「知性」によって語られていっている・・感じですね。私もそれを聞いて、「ほ~そういう表現を用いるのか・・」と感心しきりでした。
東洋と西洋が出会う終着点であり、その融合の出発点になりえる「日本」に、今居ることを改めて意義深く思います。

2006.08.28 16:58 URL | りつこ #- [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://bodymindspirit.blog55.fc2.com/tb.php/96-fd1c7e8b

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。